父親の存在

私事ですが、先日父親が傘寿(80歳)を迎えました。

私が物心ついた時から父親はすでに町工場を営んでおり

従業員からも、オヤジ、オヤジと慕われておりました。

父親と経営者という両面を見てきた私には、とても大きな

存在であり、目標であります。

時代が変わり人との接し方、物の考え方、働き方と

色々と難しい世の中ですが、いつまでもブレる事なく

我が道を歩む父親に今日も脱帽です。

コメントを残す