愛着あるもの

先日、デスクワークをしている際、ちょっとした不注意でネクタイを痛めてしまい、

表面が少しほつれてしまいました。まだ新しかった事もあり、大変ショックを受けました。

ネット検索をするとネクタイ修理のサービスがあることが分かり、早速手配をしようと

思ったのですが、家族からは新しいのを買えばいいやないか。と反対されました。

私は、壊れたモノをすぐに捨てることができなく、お気に入りのモノや長年

使っているモノなどは、とくに買い替えや捨てることができません。

仕事においても製品に不具合があった場合、手直しより作り直しの方が早いと

言われても、手直しを優先させてしまいます。

断捨離に乗り切れない私ですが、豊かになっても、もったいない精神を持ち続けたいものです。

コメントを残す